作物の早生、早熟、品質向上

《土壌の保肥力を高め作物の早生、早熟、品質向上》
イタヤ・ゼオライトは土が肥料をためる能力を示す陽イオン交換容量(CEC)が高く、土壌に混ぜることでその保肥力を上げ、肥料成分の流亡を防ぎ、作物の収穫量を増大させます。保肥力の高い健康な土壌は、作物の糖度を高め、良質な作物を育みます。
肥料との混合施用は肥効が緩やかに持続するため、秋落ち防止にも効果的です。






コメントは受け付けていません。