ゼオライトについて

ゼオライトとは火山灰などが降り積もって固まった岩石で、結晶中に微細孔を持つアルミノ珪酸塩の総称です。主成分となるケイ素は食品添加物にも認可され、無味無臭で人畜無害です。
日本名は『沸石』といい、陶磁器の原料となる長石類の仲間です。
内部に水が含まれていて加熱すると沸騰しているように見えることから、ギリシャ語のzeo(沸騰する)とlithos(石)を合わせてzeoliteと名付けられました。

ゼオライト内の結晶水を加熱等により脱水させると結晶構造はほとんど変化しないまま、内部に空洞を生じ、網目状の微細孔になります。ゼオライトの微細孔内に水分子を吸着し、また放出することができるため湿度調節などに用いられています。また、水分子の他にホルムアルデヒドなどの気体分子を吸着するとされるため、消臭や、シックハウス症候群を防止する目的にも期待されています。

コメントは受け付けていません。