会社案内

私たちは、安心でゆたかな生活と
安全な環境づくりに貢献します。

私たちは天然ゼオライトのパイオニアとして高度な技術と経験をもとに、安全で安心できる優れた製品を皆様にお届けするために、日々、努力しております。
より多くのお客様に当社製品をご利用いただき、その製品価値を認めていただくことが、私どもの企業価値を認めていただける、唯一の方法と考えているからです。
平成10年度より新たに環境事業を開始し、環境資源のインフラストラクチャーとして、皆様の健康で文化的な生活の確保へ直接寄与する立場となりました。 自然界との共生マスタープランを見据えた企業として、今後、さらに新しい価値を創りだしていく所存です。
皆様の安心で豊かな生活と安全な環境づくりに貢献するために、私たちはこれからも精進してまいります。
今後とも一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

代表取締役社長 加原友夫

会社概要

会社名:
所在地:
創 立:
資本金:
株主:
代表取締役社長:

主な登録:





取引銀行:

事業内容:




部門紹介:
ジークライト株式会社
本社・工場/山形県米沢市大字板谷315番地
昭和11年4月1日
3,000万円
オリックス資源循環株式会社100%
加原 友夫

建設業許可登録/山形県知事許可
(特-24 第500971号)
産業廃棄物処分業/許可番号 第0638051331号
特別管理産業廃棄物処分業/許可番号 第0688051331号
汚染土壌の処理業/許可番号 第0060010003号

三菱東京UFJ銀行 

ゼオライトの採掘・製造・加工・販売
産業廃棄物・一般廃棄物及び汚染土壌の最終処分
廃棄物の収集運搬業
上記事業のコンサルティング他

■鉱山事業部
農業・園芸用ゼオライト、畜産用ゼオライト、水の浄化用としてのゼオライトをはじめ、ゼオライトは住宅用、食品の鮮度保持、化粧品に、私たちの身近な暮らしの中で幅広く使われています。
■環境事業部
管理型最終処分場「エコポート」の運営
取扱廃棄物
・産業廃棄物/燃え殻・汚泥・鉱さい・廃プラ類・ばいじん等17種類
・一般廃棄物/焼却灰等
・汚染土壌/第二溶出量基準以下

 

 

 

 

大きな地図で見る

会社沿革

昭和11年4月

昭和14年6月
昭和23年9月
昭和38年4月

昭和38年9月
昭和41年1月
昭和59年4月
平成5年6月
平成9年12月
平成10年4月
平成15年6月
平成16年11月
平成17年10月
平成20年10月
平成22年4月
平成24年3月
平成24年11月
平成24年12月
平成25年10月
平成26年3月

平成26年7月
平成28年2月
平成28年5月
平成28年9月
創業者 吉岡覚太郎がジークライト化学研究所として、秋田県本荘市大簗にて、カオリンの採掘・製造を開始
山形県米沢市板谷にて、坑内堀採掘及び製造を開始
ジークライト化学礦業株式会社を設立。製紙用カオリンの事業拡大
板谷カオリン(元山鉱床)の採掘を坑内掘から全面的に、露天掘(ベンチカット法)へ切り替える
ゼオライト鉱山の採掘開始
ゼオライト工場を新設
ジークライト株式会社へ社名変更
ゼオライトか焼場を新設
産業廃棄物処分業許可(以後更新)
山形県産業廃棄物収集運搬業許可 (以後更新) 現在17都道府県・市で取得
建設業許可、営業開始
ゼオライト工場 貯鉱場新設
本社事務所新設
運輸事業部事務所新設
汚染土壌処分業許可
鉱山事業部事務所新設
ゼオライト工場 製品倉庫新設
ゼオライト工場 機械設備増設
ゼオライト工場 破砕 分級機器改修工事
東日本大震災において、災害廃棄物処理に関する支援活動の功績をたたえ、環境大臣より感謝状をうける
ゼオライト工場 自動計量機器 選別ライン改修工事
180万㎥増設の設置許可取得
経済産業省関東東北鉱山保安監督部より保安表彰受賞
創業80周年を迎える

コメントは受け付けていません。